農地

ボルギーニ・バルドヴィネッティ・デ・バッチ伯爵が所有するサン・ファビアーノ農場は、歴史上アレッツォの城壁から1キロメートル圏内にあり、周りは丘陵地帯に囲まれています。その農地はカゼンティーノの傾斜地に広がり、アレッツォの北東に位置します。

現在の農場は、かつてアドリア海から食料を運ぶために、渓谷を渡りながら、カゼンティーノの山々を超え、アレッツォにたどり着く旧街道沿いにあります。この渓谷一帯は、アレッツォ史上、重要な一族たちによって支配され、その一族の中にバッチ家があります。

町の城壁まで通ずるこの旧街道沿いには、商業的に戦略的に重要であった見張り塔が今日でも見られます。ブドウ畑を所有していたことを証明する最古の資料は1416年まで遡り、フランチェスコ・デ・バッチが一族の礼拝堂のフレスコ画制作の資金を調達するために、ブドウ畑の一部を売った史実が記述されています。また、礼拝堂のフレスコ画の一部は「聖十字架伝説」で有名なピエロ・デッラ・フランチェスカによって描かれています。

戦後ワイン製造として農場が誕生し、1960年代にワインのボトル詰めで事業を拡大しました。今日では世界中至るところに自家製ワインを輸出し、「バッカスが飲む酒」として評価されるほど、ワイン業界の中で重要な地位を占めています。

This website or its third party tools use cookies, which are necessary to its functioning and required to achieve the purposes illustrated in the cookie policy. If you want to know more or withdraw your consent to all of the cookies, please refer to the cookie policy. By closing this banner, scrolling this page, clicking a link or continuing to browse otherwise, you agree to the use of cookies.

X